情報リテラシーで最も重要なスキルは情報発信!活用すれば想像以上のメリットを受けられる

情報リテラシーつまり”情報を使いこなす力”は現代において必須の能力です。

そのためには下記の3つのスキルを磨いていく必要があります。

・情報収集

・情報整理

・情報発信

今回はその3つの内の1つである”情報発信”について紹介します。

情報発信に関しては情報リテラシーの中でも最も重要な要素なので是非スキルを磨いて、情報を使いこなしていきましょう!

※情報収集についてはこちら

高所得者は使いこなしてる!情報収集スキルを上げるための定番ツールを紹介

※情報整理についてはこちら

情報整理に圧倒的に便利なのがEvernote!必要な情報が一発で見つかるオススメの活用方法を紹介

情報発信とは何か

情報発信とはその言葉の意味通り、情報を発信していくことです。

ただ、聞いた情報や見た情報を発信していくのではただの伝言ゲームになってしまいます。

情報発信で重要なのは情報を得た上でその情報を活用し価値を付け加えて発信していることなんです。

情報の理解度で整理して表すと応用レベルの段階です。

理解度のレベル

・収集レベル
聞いたり読んだりした段階

・要約レベル
重要なことを自分の言葉で整理した段階

・応用レベル
情報を得た上で活用したり考えたりする段階

なので情報リテラシーを向上させるには1番の鍵となってくる要素なのです。

情報発信をすることによるメリットとは

情報発信により得られるメリットは大きく3つあります。

①貢献

まず1つ目が貢献です。

原価0円でも工夫や応用次第では発信する情報の価値は無限大です。

必要な情報を必要な人に届けることができればそれが成長などにつながる可能性もあります。

また、感謝されることによって信頼を得ることができる場合もあります。

個人ブロガーを例に挙げると、質の高いブログ記事を書いているブロガーは感謝されてどんどんファンたフォロワーが増えて信頼性が上がっていきますよね。

②ご利益

そして2つ目が少しあざといと感じる方もいるかとは思うのですが、ご利益を受けられることが多くなります。

先程の信頼の話ともつながるのですが、信頼がお金やより質の良い情報、人との繋がりなどに変わってくれて利益を享受できる可能性が高くなります。

③学習

そして何より、発信することにより深く情報整理し、理解できるので学習の機会を作り出すことができます。

ただ情報を収集しただけではなく自分の言葉で理解して自分の言葉で発信するからこそ、見えてくるものや学べるものが多くあります。

どうやって情報発信していけば良いの?

インターネットが普及している現代では発信方法は様々なものがあります。

まずはネットだけでも、ブログやメルマガ、SNS、Youtubeなど用途によって多種多様な発信方法があります。

対してリアルでは相談に乗る、雑談で情報提供する、セミナーや勉強会を主催するなどの方法もあります。

あらゆる情報発信方法があるので、自分が発信したい情報と相性の良さそうな方法を見つけて継続的に発信していければ情報リテラシーは確実に伸びていきます。


記事を読んでいただきありがとうございました。 少しでも「侍の話を聞いてみたい」と思ったら、下記の求人よりお気軽に応募してみてください!

・募集要項