イベントやセミナーなどあらゆる集客に活かせる!ターゲットの心に刺さる告知文の書き方

セミナーや勉強会、イベントなどを成功させるために重要な要素として集客があると思います。

いくら素敵な会場や企画、コンテンツを準備していても集客がしっかりとできていなければ意味がありません。

そこで今回は集客する際のポイントになってくる誰もが行きたくなるような魅力的な告知分の書き方を紹介していきます。

※良い企画の作り方に関しては下記の記事で書いているので是非参考にしてみてください。

セミナー・勉強会主催者必見!集客に成功する企画案の作り方とは?

人の心を動かすものはゴールデンサークル理論に乗っ取っている

ゴールデンサークルとはアメリカでコンサルタントをしているサイモン・シネックさんのTED講演の「優れたリーダーはどうやって行動を促すか」というトークで紹介されている理論です。

こちらのTEDトークで具体的な内容を聞くことができます。

17分とちょっと長めの動画なのですが、あらゆる仕事に活きてくる考え方なので、お時間ある方は読んで見ることをオススメします。

内容を要約すると人の思考は「ゴールデンサークル」という3つの円のフレームによって階層をわけることができます。

引用元

多くの人は、What(何をするのか) → How(どうやるのか) という順序で物事を考え、Why(なぜやるのか)を知らないケースが多いのです。

伝える際にも、What → How という内容のみを伝えています。

優れたリーダーはその真逆で Why(なぜやるのか) → How(どうやるのか) → What(何をするのか) という方向で考え、伝えています。

【成功の法則】優れたリーダーは「Why(なぜやるのか)」からはじめる

そしてこの理論にNowを付け加えたものが集客のときのレターや告知文を作成する際のフレームワークとして活用できるんです。

実際に情報発信の重要性に気づいてもらって勉強会を開催してもらうための勉強会の告知分をフレームワークに当てはめてみたいと思います。

Why(なぜやるのか)

・情報発信(勉強会)で人生が変わる
・原価0円で始められる
・信用を得られる(信用=お金)
・アウトプット=学びの機会

How(どうやるのか)

・勉強会
1番ライトに始められる情報発信で報発信のいい練習になるため

What(何をやるのか?)

・勉強会の企画、集客、ファシリテーション

Now(なぜ今やる/行く/聞くべきなのか?)

・情報発信をするならなるべく早いほうが良いため

実際に文章に落とし込んでみました

先程のフレームワークで整理した上で文章化をしてみました。

//セールスレター例

みなさん、お疲れ様です。

前回の勉強会では情報リテラシーについて学びました。

 

・why

情報リテラシーは「情報収集」「情報整理」「情報発信」から成り立ちます。

中でももっとも重要なのは「情報発信」です。

情報の発信は原価0円で始められ、信用を得られかつ自分自身の学びにもなります。

今の時代「信用」=「お金」なので、収入伸ばすことにも、繋がるでしょう。

 

・how

そこで今回は、一番ライトにできる「情報発信」ということで、「勉強会」の開き方についてお話しします。

ネットではなく、リアルの中の情報発信でもっともライトにできるため、おすすめです。

 

・what

“価値ある勉強会”の企画方法や集客、ファシリテーションについてご紹介します。

 

・now
私、花木が今ここにいるのも全ては「勉強会」のおかげです。

情報発信はできるだけ早いタイミングで実践する方が役立つので皆さんに「勉強会の企画術」をお伝えします。

ぜひふるってご参加ください。

このような感じでシンプルかつ明確に勉強会の内容が伝わるメッセージを書くことができます。

もちろん勉強会でなくても、社内イベントの告知や上司への提案、デートの誘い文句などでも活用できるフレームワークなので是非活用してみてください。

 


記事を読んでいただきありがとうございました。 少しでも「侍の話を聞いてみたい」と思ったら、下記の求人よりお気軽に応募してみてください!

・募集要項